メガスクォート

2014年7月 7日 (月)

MAPを二つ読むに挑戦

先週末シモニタに行った時

ミツイさんが居たのでメガスクの話を。
 
 
 
んで、しゃちょも交えてデュアルテーブルとか
他にマップ作るやり方をざっと聞いてきたので
 
 
色々試してみることに。
 
 
 
なんでそんなこと試してみるか?って言うとですね
 
先日全開で走った時のログ。
 
 

Log01

↑コレ
上のグラフ緑は実負圧、赤はマップの負圧
黄色は空燃比、白は回転数
 
下のグラフ、緑はアクセル開度
赤はアクセル開度スピード?
白時間
 
 
 
なんですが
コーナリング中にパーシャルから
チョイチョイアクセル調整して
向き変わったー全開!!ってところ
 
 
パーシャルから全開の間とチョット。
 
 
0.3秒間の空燃比が14と薄いんですわ。
 
 
 
某お山だとこーゆートコロ多いので
ログ見ると目立つ、気に入らんとな~何とかならないかと。
 
 
負圧制御のタイムラグかと思っていたところ
 
 
そのマップ複数作れるって話の中
 
思い描いたのはあるところからα-N制御にして
ココのタイムラグ無くしたろうか?という。 
 
 
 
早速帰宅して試しで作って
 
丁度先週の月曜日嫁さんがクルマ使うのでロドスタ出勤。。。
 
 
 
んが
見事玉砕しアイドリング出来ず元に戻しました(^^;
 
 
 
覚え書きも兼ねてやったことを記載。
 
 

Table01

↑このマップ切替設定で
 
 
 
 

Table02

↑Fuel tableSwitchingをONにすると勝手に燃料マップ3が出来上がる
 
 
上の画像でスイッチする起因を色々選べるし
下の枠は点火マップも作れるみたい。
 
んで私は回転数で3500回転以上で
α-N制御にしたいなぁと思ってやってみたんですが…
 
 
 
 
まずコレで作られるマップが負圧だかα-Nだかも選択できない。
なのでベースの負圧でそのまま作られてるっぽい。 
 
 
と色々やって判明。 
 
 
んじゃあってことで一般設定から
 

Table04

↑右上の方、セカンダリーテーブルってところで
色々制御が選べる。ココ選択して作られるマップは
燃料マップ2
 
 
 
しかしマップ切替を選択しないと
何をもって切替えるか選べない。
 
マップ切替を選ぶと勝手にマップ3も出来てしまう。
 
エンジン始動するとマップ3も勝手に読んで変な燃料噴いて
アイドリングもままならない、どーにもならない(-_-)
 
 
 
んじゃあと基本のマップ1をコピーしマップ3へ貼る。
 
 
平均値読むってんならコレでまともに動くだろ?と
 
 
 
α-N制御のマップ2を見てもちゃんとエンジン始動時は読んでないみたいだ。
 
 
 
でコレ試しても無理。
 
 
なんだか分からん。
 
 
試しにデュアルテーブルってのをやってみても…無理。 
 
 
 
コレで月曜は昼休みも時間切れ。
大人しく走行には元のマップに戻し普通に走る。
 
 
 
あと試してみるとしたら…

Table07

↑このITBっての選択するとセカンダリーマップを色々選べるのと
 
 

Table08

↑このグラフから切替とどっち読むかの比重をイジれるので
上手くいけば使える?
 
 
かなぁ?
 
 
 
しかし
こんなややこしいことしなくても
簡単にある回転数から制御切替られそうだけどなぁ。
 
 
 
誰か良い方法あったら教えてくださいm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

セッティングへの道~初めの一歩

ども

ご無沙汰しております。
 
仕事が忙しいのは相変わらずですが
 
2月はあの大雪
その翌日に嫁さんが腰ブローになって
バタバタがMAXにきてどーにもならず…
 
 
やっと最近嫁さんの腰も良くなり
通常運行に戻りつつあります。
 
 
 
てんで
メガスクォートのセッティングです!!
 
 
よしださんにセッティングしてもらってから
ずいぶん経ってしまいましたが
 
 
ノートPCもらってくる
 ↓
通信できない
 ↓
USBポート死亡?
 ↓
リカバリ作業
 ↓
どうやら失敗
 ↓
ヤ○オクでthink pad X40を
野口さん×3でゲット
 ↓
やっとメガスクと通信可
 
 
という
これでもかっって回り道してましたよ(-_-)
 
 
それでやっと自分で触れる環境になったので
先日シモニタに来ていたよしださんに
色々教えてもらいに行って来ました。
 
 
 
私はセッティングに対して全くのシロートなので
自分の覚え書きも兼ねて
また間違ってたらダメ出ししてもらいたいな…
というスケベ心も兼ねて
書いていきたいと思います(^^;
 
 
 
まずこれからやってく作業ですが
叩き台の各マップはよしださんに作ってもらっているので
そのマップの煮詰め作業になります。
 
 
なのでマップをイチから構築なんてコトは
私にはまだまだ出来ないので知りません(笑)
あしからず(^^;
 
 
私の鹿号はDジェトロ、負圧制御です。

Mega01

なので上記の画像(クリックで拡大表示)
の三つのマップ全て縦軸は負圧です。
 
 
 
左上のAFR Table1は目標空燃比のマップ
空燃比計とリンクして学習機能オンにしてれば
コレに近づけてくれる…と思います(^^;
 
おおざっぱな私の理解を書くと
踏んでトルクが欲しいトコは出力空燃比の12辺り
他は理論空燃比の14.7辺り…なのかな?
 
コレは私いじりません(^^;
 
 
左下のVE Table1は燃料マップ
右上のSpark Advance Table1は点火マップ
 
 
この二つを触ってきます。
エンジンかけてこのマップ見ると
マップの中に丸い点が動き回ります。
マップの読んでるトコロを示してくれるんですね。
 
アイドリング時は…確か縦軸25~30で横軸800~1100rpm辺りを
ウロウロしてると記憶してます。
 
 
んでレーシングすると一気に負圧の高いところ読むんですが
 
どーいう風にマップ読んで回転が落ちてくるか観察。
 
 
んでいざ実走してみてマップのどこ読むか観察。
 
 
空燃比計がいくつの値になってるか観察。
 
 
 
で燃料マップは簡単です。
 
空燃比が薄い、濃いと数値で示してくれるワケですから
その数字に従いマップの数値を上げたり下げたり。
 
キモはあれですかね。
 
マスの中間辺りを読んでることもありますから
その場合平均値になったりするってことと
 
アクセルオフの時は負圧が10~20辺りを読むんで
ココが濃くしてるとエンジンブレーキが弱くなったりしました。
 
アクセルオフ時に12の空燃比だとやっぱりエンブレ弱くなりました。
逆に言うとそこそこ濃くしてると
オフからオン時のピックアップは良いかと。
この辺好みになってくるところかと思います。
 
 
んで点火
 
そう点火がセッティングのキモらしいです。
 
 
アクセルレスポンスや
トルク感が大きく変化するのが点火だと。
 
 
ですが触るリスクがあるのは
シロートの私でも分かります(^^;
 
 
なので近々は高回転高負荷が触らないようにしようと。
ココで点火進め過ぎるとノッキング→ブローって
シロートが思う最悪の展開がよぎるので(^^;
(そんなに即ブローもしないみたいですが…)
 
じゃあドコいじるのよ?って
負荷がかからないところです。
 
 
ココがレーシングやアクセルオフ時の
レスポンスに関わるトコだと。
 
 
実走して負荷がかかってると
負圧は40以上を読んでることが分かってくるんで
それ以下のところの点火を進めて上げると
レーシング時のレスポンスが良くなると。
 
 
あとは高回転のアクセルオフ時に読むところ…
コレ意識してまだ観察してないんで
具体的に数字で言えないんですが
 
ココの点火を遅らせて上げると
回転の落ちのレスポンスが良くなると。
 
 
 
この辺りのレスポンスが好みになってくるので
実走して煮詰めていければと思ってます。
 
 
ということを教えてもらって
先週チョコチョコセッティングしてたんですが
 
 
何気にセッティング…
 
 
楽しいです(^^)
 
 
 
ただメーターとマップと見ながら
走ってあそこら辺読んでるよなぁ~今。
とか記憶して止まってチマチマいじって
走ってと地味作業ですが
触ってる感あって楽しいですねぇ。 
 
 
高回転まで回してると見る暇なんてないんで
どーする?ってなると
 
メガスク、ロガー機能もあるんで
走ってロガー取って後から

Megalog01

↑こちらロガーの画像ですが
見たい値だけグラフ表示して
それに従って燃料マップなんかは整えていけばいいかな?と。
 
 
 
今はアレ買ってコレ買ってと
出来ない状況なので
触って楽しいツールを手に入れて
すごく嬉しいっすね、マジで。
 
 
実際メガスク良いと思います。
 
もうすぐ一年になりますが
季節変わっても走り出してしまえば
調子の良さは変わらなかったので
外的要因で調子悪くはそんなならないかと。
 
 
唯一冷間時のエンジン始動で
ちょっとトラブリましたが
その場合は
始動/アイドル→クランキング噴射量

Mega03

からその時の温度でココの値を調整してやると
解決みたいです。
 
残念ながら寒い時期終わってしまったので
また年末辺りに調整ですかね。
 
 
あとはアイドリングの回転数ですが
私のはアイドル制御がPMW Warmupになってるので
 

Mega06_2

その時の水温に合わせて
縦軸のISCVの値を調整して
アイドリング回転を決めると。
 
 
よしださんがココ で書いてた
水温別で目標アイドル回転数を決められる
アイドル制御があって一回やってみたんですが
 
 
エライ、ハンチングした上に
何故か走り出すのにクラッチ繋げて
負荷かけようとするとベロベロいってどーにも
ならなくなってすぐ戻しました(^^;
 
 
色々補正値とかいじれるとこあるので
細かく煮詰めれば調子良くなるんでしょうが
今のところエアコンもない私のクルマでは
現在のアイドル制御で何も不満ないので
オッケーかと。
 
 
 
 
覚え書き、ざっと書くとこんな感じですかね。
ホント私シロートですけど
 
メガスク、表記等も分かり易くて
触り易いと思いますよ。 
 
 
メガスク本体8万円以下。
空燃比計2.8万円
中古ノートPC3000円
ハーネスやら切った貼ったの雑費数千円。
 
 
 
うん、対費用効果は高いんじゃないかなぁ~?
私が付けて時間がかかったのは
単純にプライベートな時間が作れなかっただけだし。
 
 
数年前からあった冷間時の謎のエンストも
エアフロが悪かったのか、ノーマルECUが悪かったのか
なくなったし
 
 
メタルクラッチ入れてる人なら分かってもらえると思うんですが
小さいアクセル開度で静かに走り出そうとして
失敗しそうになって慌ててクラッチ切った時、
 
メガスク、エンストしないで
そのままちょっと回転上がって普通に保ち直すんですよ。
ノーマルECUみたいに。
 
 
コレ地味に凄いことなんじゃないかなぁ~と思ってるんですが
どうでしょう?
 
 
最後に色々教えて頂いて
ブログへの記載も了解してくれた
よしださんに大感謝m(_ _)m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)