スポーツ走行関係

2014年6月16日 (月)

コーナリングについて考える。

どもども。



お久しぶりです。


 


 


 


すでに梅雨入りしてしまいましたね。


 


 




先月末は


毎年恒例のロードスター軽井沢MTGに行ってきました。 




 


 


NDのシャシが展示されるので…


 


 


 






いや、実は私そんなに興味がなかったり(^^;


 


 


 


なんだかココ十年くらいで


新型のスポーツカーに期待するのは疲れたというか


 




NAロドスタを超えるほど『欲しい』


と思えるクルマ出てこないだろうと。


諦めに近いですね。


 


 


 


 


一応見てきましたけど


 


良さ気な感じはしたのでこのままマツダには頑張って欲しいですね。


 




クルマは実際乗るまで分かりませんので。


 


 


 


あとはworksさんや山ギシさんとかと


皆で楽しく喋ってきてきましたね♪


遊んで頂いた方々感謝です♪




 


 




ってことで


 


 




本題は軽井沢MTGに行く前です(^^;


 


 




 


早朝ウチにタカベさんとNがせさんが集合。


140525

↑近くのコンビニで飯を買う私とタカベ氏






私のわがままで某お山へ寄ることに。


 


 


 


某お山に着いて


 


 




久々に全開!




 


 


人もほとんど居なくて


 


 


タカベ号を走らせてもらったり


私を追いかけるタカベ号のナビシートにNがせさんが


乗ったりして遊び終え


 


軽井沢へ向け碓氷峠へ向かう。


 


 


ボチボチな時間になってたので


途中NCなパレードな人につっかかってマッタリ行きました。


 


 


んでもってまだ会場入るの早いので


 




コンビニで茶買ってしばくことに。


 


 


 


んでNがせさんに聞かれる。


 


Nがせさん『いとうさん、あれこう向き変えるのどーやってんの?』






 


 




へ?




 


なんのことでしょ?


 




 






ってことで3人でドライビング談義に入る。


 


 


 




FF乗りな人に曲げ方とか聞かれたことはあったけど


 




ロドスタでサーキット走ってる人に


後ろから走り見られてそんなこと聞かれるのは初めてだったので 


Nがせさんに色々掘り下げて聞いてみる。


 


 


 


Nがせさんから聞いたことを書いてみると




アウトいっぱいからブレーキ結構突っ込んでイったあと


曲げ始めるんだけど


 




それじゃ足りない…と思った瞬間に
(クルマの向き、コーナーに対する角度らしい)


 


ククっと向きが変わって




変わったと思ったら加速して消える…らしい(^^;


 


 




Nがせさん曰く


 


 


漫画の主人公みたいだと(^^;


 


 


 


そんな話聞いてたら思い出した。


 




 


数年前のスチャラカツーリングの時


 




エボマチャ氏から


『いとうちゃんスって曲がってから視界から消えるんだよね』


みたいなこと言われたような気がする。


 


 


あの時は4駆ターボと


ロドスタのコーナリングスピードの違いだろうな~としか


思わなかったけど。


 


 


 


Nがせさんから聞くとロドスタのタイム出してる人が


誰しもあんな動きをしてるワケじゃないという。 


 


 


え?そうなの?


 


 




私はタイム出してるロドスタ乗りは


皆あーゆー動かし方してるんかと思ってたんだけど


どうやら違うらしい(^^;


 


 


 


んでそれって




どういう走りなの?ってことになるんだけど


 


あ、数年前の日記に書いたのみつけたので


下記図参照願いますm(_ _)m


 


Drive071

↑この図ね


 






 


昔はまだ理解度も少なかったし


今はちょっとは経験積んできて


Nがせさんやタカベさんから客観的なことも聞けたので


 


前より分かり易く


盛って解説出来る…
 
 
 
 
かもしれない(笑)


 


 


 


やってることは大雑把に書くと




ステアリングはキッカケだけで


4輪を微妙にスライドさせて失速なく


向きを変えている。




 


ってことだと思う。


頻繁にすたげさんの日記に出てくるリアステアって言葉と


同じような感じと思ってる。


良く漫画に出てくる
ゼロカウンタードリフト…な感じではないです。私の中では。
 
 
 
 
ゼロカウンターでスライド状態の時でも
速度とスライドアングルによっては失速することがある。
 
 
 
 

それは自分のやってること&理想のカタチとも異なると思ってるんで。

 
 
 
 
この走らせ方はより速く走る為に
目指したカタチなんでコーナリング中に
失速感を感じたら話にならんのです。
 
 
 

コーナリング中に失速感なく、
ステアリングの角度は最小限に、
より速くアクセルを踏む。
 
のを目指してる感じ。
 
 
 
…結局皆さん一緒かな(笑)
 
要はターンインからコーナークリップの間の
姿勢変化なんですよね。
 
 
う~ん、抽象的な感じになってきた気がするな。
ちょっと視点を変えて…
 
 
先ほどNがせさんが見た様子と
実際ドライビングしてる私の感じとのズレを紹介。
 
 
 
Nがせさん『アウトいっぱいからブレーキ結構突っ込んでイったあと』
 
私(ブレーキは山だし余裕もって入ってる感じ)
 
Nがせさん『曲げ始めるんだけど』
私(フロント荷重でステア切ってインフォメーション感じながら準備) 
  
それじゃ足りない…と思った瞬間に
(クルマの向き、コーナーに対する角度らしい)

ククっと向きが変わって
私(スルスルと4輪が滑るのを感じながらアクセル調整
クルマの向きとリアタイヤの様子を伺う)

変わったと思ったら加速して消える…らしい(^^;
私(向きOK、リアタイヤOK、アクセル全開!)
 
 
うん、こんな感じ。
 
じゃあ、それ全部のコーナーでやってるの?
 

って話になりますが


出来ていません。
 
 
これ難しいってのもあるんですがクルマにも寄ります。
 
 
 
バネレートなりショックなり足の硬さで
 
クルマの前後の荷重移動がし易い
速度域が変わると思うんですよ。
 
 
 
なので山のコーナーで12K 10Kのバネレートで
ハイグリップラジアルという組み合わせだと
なかなかその姿勢にもってくのに速度を必要とするので…
 
 
まあ、今は185のタイヤってこともあって某所のこっち側では
ほとんどヤレてるような気もします、上りでは(^^;
 
 
あ、走り易いようにショックの減衰は最弱付近ですけど。
 
 
 
なのでサーキットだとタイム出すためにロール量減らしたくて
減衰最大付近で使うのですが
 
 
そうするとTC1000辺りではなかなか(-_-)
この走り方確実に出来るのが1ヘアくらい…
 
 
次のインフィールドは速度が足りなすぎて無理。
 
 
最終コーナーは侵入速度と
コーナーRの割には旋回時間が長く難しい…
 
 
 
1,2コーナーは昔から課題で
この姿勢をコントロールできずにスピンして
ぶっ飛んでる感じです(^^;
 
 
フラットなコースだとやり辛い…なぜでしょう?(^^;
 
 
TC2000だと1コーナー、ダンロップ、2ヘアがやり易い。
 
 
 
サーキットだとコーナーR、進入速度、旋回時間
の兼ね合いで出来る場所が私の腕ではまだ限られてますね…
 
 
 
高速コーナーでも自在に出来るようになれば
もっとタイム上がってくるんですけどねぇ。
と思いながら数年経ってるな(^^;
 
 
なので似たような姿勢変化とコントロールなら
バネレート下げてタイヤのグリップをそこそこに下げると
もっと安全な速度域でも試せるかもしれませんね。 
 
 
 
 
という様な話をタカベさんとNがせさんと
MTG前に喋ってたら
 
2~3時間経過してました(^^;
 
 
 
 
今後試してみたいこととかも
イメージ出来たので中々有意義でした、感謝です(^^)
 
 
 
書いてて思いついた。
 
 
今度走行会2、3ヒート目
 
 
 
タイム狙えない枠で
減衰大きく変えて試してみよ、そうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

間瀬練習会取り急ぎ報告

すたげさんの間瀬練習会。

 
 
 
詳細…てほど書くのもないんですが
それは後ほどで
 
 
 
こちら取り急ぎ報告です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

6年ぶり

間瀬走ります!

 
 
 
 
 
 
TC1000はモチベーション上がらなくて。
 
 
昨年秋に42秒台に入ったんですが
それ以降タイムが上がることはしてないしねぇ。
 
 
 
なんだか久々に間瀬にすげー行きたくなってきて
いや、6年前に走って以降毎年
行きたい気持ちはあったんですが
遠征ですからそれなりに納得行く状態で行きたい…
とか思ってたら中々実現できず。
 
 
 
 
今回はクルマも現時点ではやることやれてるし
6年前と比べれば技量も多少上がってるだろうし
タイミングは良いかと思ったんです。
 
 
 
嫁さんのオッケーも無事もらい
行くことを決意。 
 
 
事前予習すると…皆羽が無い。
 
 
レギュレーションあるんだっけ?
場の空気的にも一人羽付けてたらヤダな…
と思いすたげさんに電話しその辺確認して
羽無しで行くことに決定!
 
 
その辺足並み揃えとかないと
面白くないっすからね。 
 
 
気合入ってきましたよ!
 
幌外してハードトップ被せて
ロドスタはほぼ遠征準備完了!
 
 
今年の冬は寒く長いオフシーズン中
メンテもはかどりましたので不安要素も少なく行けます。
 
 
 
6年前14インチのSタイヤで走った自分のタイムに
185ラジアルでどこまで迫れるか?
 
とか色々目標ありつつ
走る場所が間瀬ですから
良い緊張感もありつつ(^^;
 
 
脳内妄想拡大中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

悩む…

とある連続S字のデータ

 
 
赤グラフ:速度
緑グラフ:縦G
青グラフ:横G

M_0905_szi

↑205/50-15 一回目の減速で2速に落とす
 
 
 

M_1212_szi

↑185/60-14
 2回目の減速辺りでブレーキ踏まず2速にシフトダウン
 
 
 

M_1212_szi_02

↑185/60-14その2
 2回目の減速辺りでブレーキ踏まず2速にシフトダウン
 
 
1発目の減速以降
コーナリング中の横Gに耐えて速度を落とさないために
踏んでる感じ。
 
 
185だとパーシャルで長い時間高回転キープ…
エンジンに負担かけた割にそんなオイシクない
 
ので3速進入…というつじつま合せ(^^;
 
 
データ見るとバラつきがでかくて
まだまだ思い悩みます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

2013年初

です。

 
遅くなりましたが
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
 
 
 
一昨日から仕事始めで
まあボチボチとやってます。
 
 
 
年明けは
嫁さんの祖父祖母へ会いに行ったり
嫁さんの実家に初泊まりに行ったり…
 
して結局二人して疲れて帰ってきて今に至るです。
 
 
昨年末は暇があったので
某お山を走った時の走行データをチクチク解析してました。
 
そんで分かってきたことを書いていきたいと思います。
 
使った走行データは
昨年12月の朝練での一番調子良かったモノ
2009年春ツーリングで一番調子良かったモノを比較しました。
 
 
ロドスタの仕様で異なる点は
昨年:タイヤ、ZⅡ185/60-14 デューザー付き、鹿エンジン2
2009年:タイヤ、AD07 205/50-15 鹿エンジン
(ひょっとしてもうピストン溶けてた?)
 
 
具体的にどこの場所でどーの…
とはココではアレなので書きませんが(^^;
 
着目したところは
キモになるコーナーのボトムスピード
その時の横G、
それと
ストレートのMAXスピードですね。
 
 
まずそこのタイムですが
 
なんと!
 
 
185の昨年の方がタイム速いです!
 
僅差ですけれども。
 
 
タイムが速いので当然かもしれませんが
4つあるストレートの内
3つ昨年のデータの方が
MAXスピードで上回っています。
僅差ですが。
 
 
コーナーでのボトムスピードは
205の2009年仕様がほとんど上回ってます。
 
 
コレがアッチ取ればコッチが立たずという
ストレートスピードかコーナーリングスピードか
というところだと思います。
 
お山なんで
ストレートと言っても3速入ってちょっとしたらブレーキング…
でして 
コーナーリングの数の方が圧倒的に多いお山で
ちょっと意外です。
 
それと気がついたところが
185の昨年仕様の場合
コーナーのボトムスピード時、発生してる横Gが少ないんですね。
 
 
ってことで考えると
 
205の2009年仕様の時は
スリップアングルが大きくついていて
タイヤの横を減速にも使っていると。
 
185の昨年仕様は
タイヤがヨレるんで205よりスリップアングルを少なく
進入していると。
コーナリング中に発生している最大横Gは0.3くらい
185の方が低いです。
 
その分コーナーでは頑張り過ぎずに
横Gを早めに消して早くアクセル全開にもっていっている…
のが205の2009年仕様のタイムを上回れた要因かと思います、
 
 
なんだかんだでアジャストして走っているんだ…私(^^;
 
あ、それと
タイトコーナーでは分からなかったんですが
中速コーナーでは
ひょっとしたらディフューザー効いているかも?
って感触がありました。
データからは読み取れませんでしたが…。
 
う〜ん、
やはり走り慣れたトコロの解析は面白いっすね♪とか
やってた年末でした(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

2012年走り納め

先週は土曜夜勤、つまり日曜の朝まで仕事していたので

月曜が代休となりました。
 
 
 
そんな私にU-5さんが
日程を合わせてくれたので
 
 
U-5クーペ号復活のシェイクダウンとして
朝練へ。
 
 
 
先週末は北海道&日本海側の初積雪ニュースで
ちょっとアレな予感が漂いましたが
某お山のココ6〜7年の傾向からいってヘイキだろう!
 
 
 
朝6時半に某道の駅集合。
U-5さんとタカベさんがやってきたら
 
U-5さん『雪降ってんじゃねーか?』
 
 
 
え?どこに?来る時そんなものは…
アレ?舞ってる(^^;
 
 
 
まあ道の駅にもエライ雪積んでるクルマを
見ましたがアレは長野方面から来たに違いないとして
某お山に移動します。
 
 
 
途中歩道などに白い粉の様なモノが
積もってる…見なかったことにします。
 
 
とりあえずコッチ側スタート地点まで来ても
路面は平気だったので朝練は決行。
 
 
 
様子見で上る。
隅には落ち葉溜まってるけど
気にならないレベル。
 
 
雪は路面上は全く問題ない。
アレ?寒いけどコンディションは良いのでは?
 
 
 
頂上の駐車場は風強くめちゃめちゃ寒い。
ロータスエランで117おやじさんが来てた。
 
 
 
寒いんで私は走ります。
結構手応えあったので。
 
 
うん、やっぱり今日は良いぞ。
コレは描いてたことやらねば。
 
 
その前にU-5クーペ号試乗。
前にまともに乗ったのは…ブッシュとバネを替える前。
 
 
 
けど、足のコト考える前に…
スーパーチャージャーの特性が3歩ほど後退してる。。。
 
 
コーナリング中に5000回転付近でアクセルを開けると
パーシャルだろうがなんだろうが
イキナリ横に飛ぶ(^^;
 
 
 
ああゆークルマだと分かってるから
1発のカウンターで収まるけれど
あ、ココこの辺収められる
インフォメーションがある&動く足
というのは進歩を感じたトコロ。 
あとから考えると…と言ったところですけど。
それほど不思議な横っ飛び
ゲームのドリフトボタン押した様な挙動なんですな。
 
 
余兆があるワケでもないしなぁ。
典型的なオーバーステアとは違うんですよね。
 
 
 
そんなんでパワー出てんのか?と思って
立ち上がり全開くれてると…
回転上昇と共にノーマルのB6パワーに戻っていく(^^
 
 
なんだか難しい(^^;
まだまだ成長段階ということで。
 
 
 
私の方は
ちょっと走り方変えてみたいと思ってた
コーナーにトライしたら見事成功!
 
 
先日の走行会で感覚研ぎ澄まされたかもしれません。
 
 
あ〜楽しかった♪
年内もう一回走りたいけど
コンディション的にも日程的にもキビシイかな? 
 
 
タカベさんは不安な路面で不完全燃焼だったので
また次回。
 
 
では皆さんまた遊びましょう!

121210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

第18回ど〜だ走行会

参加します。

11月3日の土曜日ですが
会社で新しい勤務シフトが出たところ
 
まさかの土曜出勤日に!


色々根回ししてなんとか代わってもらい
ほっとしたところです。
 
 
注目はするところしては

ごっさむ氏
タカベ氏のNA6勢から狙われている
Nがせさんですね。



Nがせさんも機械式LSDを入れたり
してますし

この辺りのタイム争いが面白そうです。



私も今回は久々にタイムアップするかも?な策
もあるんで頑張ります。
 
今年は気温も下がってきてるから
ちょっとタイムアップに期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)