ロードスター関係

2014年7月 7日 (月)

MAPを二つ読むに挑戦

先週末シモニタに行った時

ミツイさんが居たのでメガスクの話を。
 
 
 
んで、しゃちょも交えてデュアルテーブルとか
他にマップ作るやり方をざっと聞いてきたので
 
 
色々試してみることに。
 
 
 
なんでそんなこと試してみるか?って言うとですね
 
先日全開で走った時のログ。
 
 

Log01

↑コレ
上のグラフ緑は実負圧、赤はマップの負圧
黄色は空燃比、白は回転数
 
下のグラフ、緑はアクセル開度
赤はアクセル開度スピード?
白時間
 
 
 
なんですが
コーナリング中にパーシャルから
チョイチョイアクセル調整して
向き変わったー全開!!ってところ
 
 
パーシャルから全開の間とチョット。
 
 
0.3秒間の空燃比が14と薄いんですわ。
 
 
 
某お山だとこーゆートコロ多いので
ログ見ると目立つ、気に入らんとな~何とかならないかと。
 
 
負圧制御のタイムラグかと思っていたところ
 
 
そのマップ複数作れるって話の中
 
思い描いたのはあるところからα-N制御にして
ココのタイムラグ無くしたろうか?という。 
 
 
 
早速帰宅して試しで作って
 
丁度先週の月曜日嫁さんがクルマ使うのでロドスタ出勤。。。
 
 
 
んが
見事玉砕しアイドリング出来ず元に戻しました(^^;
 
 
 
覚え書きも兼ねてやったことを記載。
 
 

Table01

↑このマップ切替設定で
 
 
 
 

Table02

↑Fuel tableSwitchingをONにすると勝手に燃料マップ3が出来上がる
 
 
上の画像でスイッチする起因を色々選べるし
下の枠は点火マップも作れるみたい。
 
んで私は回転数で3500回転以上で
α-N制御にしたいなぁと思ってやってみたんですが…
 
 
 
 
まずコレで作られるマップが負圧だかα-Nだかも選択できない。
なのでベースの負圧でそのまま作られてるっぽい。 
 
 
と色々やって判明。 
 
 
んじゃあってことで一般設定から
 

Table04

↑右上の方、セカンダリーテーブルってところで
色々制御が選べる。ココ選択して作られるマップは
燃料マップ2
 
 
 
しかしマップ切替を選択しないと
何をもって切替えるか選べない。
 
マップ切替を選ぶと勝手にマップ3も出来てしまう。
 
エンジン始動するとマップ3も勝手に読んで変な燃料噴いて
アイドリングもままならない、どーにもならない(-_-)
 
 
 
んじゃあと基本のマップ1をコピーしマップ3へ貼る。
 
 
平均値読むってんならコレでまともに動くだろ?と
 
 
 
α-N制御のマップ2を見てもちゃんとエンジン始動時は読んでないみたいだ。
 
 
 
でコレ試しても無理。
 
 
なんだか分からん。
 
 
試しにデュアルテーブルってのをやってみても…無理。 
 
 
 
コレで月曜は昼休みも時間切れ。
大人しく走行には元のマップに戻し普通に走る。
 
 
 
あと試してみるとしたら…

Table07

↑このITBっての選択するとセカンダリーマップを色々選べるのと
 
 

Table08

↑このグラフから切替とどっち読むかの比重をイジれるので
上手くいけば使える?
 
 
かなぁ?
 
 
 
しかし
こんなややこしいことしなくても
簡単にある回転数から制御切替られそうだけどなぁ。
 
 
 
誰か良い方法あったら教えてくださいm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

コーナリングについて考える。

どもども。



お久しぶりです。


 


 


 


すでに梅雨入りしてしまいましたね。


 


 




先月末は


毎年恒例のロードスター軽井沢MTGに行ってきました。 




 


 


NDのシャシが展示されるので…


 


 


 






いや、実は私そんなに興味がなかったり(^^;


 


 


 


なんだかココ十年くらいで


新型のスポーツカーに期待するのは疲れたというか


 




NAロドスタを超えるほど『欲しい』


と思えるクルマ出てこないだろうと。


諦めに近いですね。


 


 


 


 


一応見てきましたけど


 


良さ気な感じはしたのでこのままマツダには頑張って欲しいですね。


 




クルマは実際乗るまで分かりませんので。


 


 


 


あとはworksさんや山ギシさんとかと


皆で楽しく喋ってきてきましたね♪


遊んで頂いた方々感謝です♪




 


 




ってことで


 


 




本題は軽井沢MTGに行く前です(^^;


 


 




 


早朝ウチにタカベさんとNがせさんが集合。


140525

↑近くのコンビニで飯を買う私とタカベ氏






私のわがままで某お山へ寄ることに。


 


 


 


某お山に着いて


 


 




久々に全開!




 


 


人もほとんど居なくて


 


 


タカベ号を走らせてもらったり


私を追いかけるタカベ号のナビシートにNがせさんが


乗ったりして遊び終え


 


軽井沢へ向け碓氷峠へ向かう。


 


 


ボチボチな時間になってたので


途中NCなパレードな人につっかかってマッタリ行きました。


 


 


んでもってまだ会場入るの早いので


 




コンビニで茶買ってしばくことに。


 


 


 


んでNがせさんに聞かれる。


 


Nがせさん『いとうさん、あれこう向き変えるのどーやってんの?』






 


 




へ?




 


なんのことでしょ?


 




 






ってことで3人でドライビング談義に入る。


 


 


 




FF乗りな人に曲げ方とか聞かれたことはあったけど


 




ロドスタでサーキット走ってる人に


後ろから走り見られてそんなこと聞かれるのは初めてだったので 


Nがせさんに色々掘り下げて聞いてみる。


 


 


 


Nがせさんから聞いたことを書いてみると




アウトいっぱいからブレーキ結構突っ込んでイったあと


曲げ始めるんだけど


 




それじゃ足りない…と思った瞬間に
(クルマの向き、コーナーに対する角度らしい)


 


ククっと向きが変わって




変わったと思ったら加速して消える…らしい(^^;


 


 




Nがせさん曰く


 


 


漫画の主人公みたいだと(^^;


 


 


 


そんな話聞いてたら思い出した。


 




 


数年前のスチャラカツーリングの時


 




エボマチャ氏から


『いとうちゃんスって曲がってから視界から消えるんだよね』


みたいなこと言われたような気がする。


 


 


あの時は4駆ターボと


ロドスタのコーナリングスピードの違いだろうな~としか


思わなかったけど。


 


 


 


Nがせさんから聞くとロドスタのタイム出してる人が


誰しもあんな動きをしてるワケじゃないという。 


 


 


え?そうなの?


 


 




私はタイム出してるロドスタ乗りは


皆あーゆー動かし方してるんかと思ってたんだけど


どうやら違うらしい(^^;


 


 


 


んでそれって




どういう走りなの?ってことになるんだけど


 


あ、数年前の日記に書いたのみつけたので


下記図参照願いますm(_ _)m


 


Drive071

↑この図ね


 






 


昔はまだ理解度も少なかったし


今はちょっとは経験積んできて


Nがせさんやタカベさんから客観的なことも聞けたので


 


前より分かり易く


盛って解説出来る…
 
 
 
 
かもしれない(笑)


 


 


 


やってることは大雑把に書くと




ステアリングはキッカケだけで


4輪を微妙にスライドさせて失速なく


向きを変えている。




 


ってことだと思う。


頻繁にすたげさんの日記に出てくるリアステアって言葉と


同じような感じと思ってる。


良く漫画に出てくる
ゼロカウンタードリフト…な感じではないです。私の中では。
 
 
 
 
ゼロカウンターでスライド状態の時でも
速度とスライドアングルによっては失速することがある。
 
 
 
 

それは自分のやってること&理想のカタチとも異なると思ってるんで。

 
 
 
 
この走らせ方はより速く走る為に
目指したカタチなんでコーナリング中に
失速感を感じたら話にならんのです。
 
 
 

コーナリング中に失速感なく、
ステアリングの角度は最小限に、
より速くアクセルを踏む。
 
のを目指してる感じ。
 
 
 
…結局皆さん一緒かな(笑)
 
要はターンインからコーナークリップの間の
姿勢変化なんですよね。
 
 
う~ん、抽象的な感じになってきた気がするな。
ちょっと視点を変えて…
 
 
先ほどNがせさんが見た様子と
実際ドライビングしてる私の感じとのズレを紹介。
 
 
 
Nがせさん『アウトいっぱいからブレーキ結構突っ込んでイったあと』
 
私(ブレーキは山だし余裕もって入ってる感じ)
 
Nがせさん『曲げ始めるんだけど』
私(フロント荷重でステア切ってインフォメーション感じながら準備) 
  
それじゃ足りない…と思った瞬間に
(クルマの向き、コーナーに対する角度らしい)

ククっと向きが変わって
私(スルスルと4輪が滑るのを感じながらアクセル調整
クルマの向きとリアタイヤの様子を伺う)

変わったと思ったら加速して消える…らしい(^^;
私(向きOK、リアタイヤOK、アクセル全開!)
 
 
うん、こんな感じ。
 
じゃあ、それ全部のコーナーでやってるの?
 

って話になりますが


出来ていません。
 
 
これ難しいってのもあるんですがクルマにも寄ります。
 
 
 
バネレートなりショックなり足の硬さで
 
クルマの前後の荷重移動がし易い
速度域が変わると思うんですよ。
 
 
 
なので山のコーナーで12K 10Kのバネレートで
ハイグリップラジアルという組み合わせだと
なかなかその姿勢にもってくのに速度を必要とするので…
 
 
まあ、今は185のタイヤってこともあって某所のこっち側では
ほとんどヤレてるような気もします、上りでは(^^;
 
 
あ、走り易いようにショックの減衰は最弱付近ですけど。
 
 
 
なのでサーキットだとタイム出すためにロール量減らしたくて
減衰最大付近で使うのですが
 
 
そうするとTC1000辺りではなかなか(-_-)
この走り方確実に出来るのが1ヘアくらい…
 
 
次のインフィールドは速度が足りなすぎて無理。
 
 
最終コーナーは侵入速度と
コーナーRの割には旋回時間が長く難しい…
 
 
 
1,2コーナーは昔から課題で
この姿勢をコントロールできずにスピンして
ぶっ飛んでる感じです(^^;
 
 
フラットなコースだとやり辛い…なぜでしょう?(^^;
 
 
TC2000だと1コーナー、ダンロップ、2ヘアがやり易い。
 
 
 
サーキットだとコーナーR、進入速度、旋回時間
の兼ね合いで出来る場所が私の腕ではまだ限られてますね…
 
 
 
高速コーナーでも自在に出来るようになれば
もっとタイム上がってくるんですけどねぇ。
と思いながら数年経ってるな(^^;
 
 
なので似たような姿勢変化とコントロールなら
バネレート下げてタイヤのグリップをそこそこに下げると
もっと安全な速度域でも試せるかもしれませんね。 
 
 
 
 
という様な話をタカベさんとNがせさんと
MTG前に喋ってたら
 
2~3時間経過してました(^^;
 
 
 
 
今後試してみたいこととかも
イメージ出来たので中々有意義でした、感謝です(^^)
 
 
 
書いてて思いついた。
 
 
今度走行会2、3ヒート目
 
 
 
タイム狙えない枠で
減衰大きく変えて試してみよ、そうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

GWやったこと

今日が連休明けの出勤日です。
 
GW中にやったことをまとめておこうかと思います。
 
 

まず家のこと。

玄関の下駄箱収納増設。

私の仕事で使う作業着が
洗っても切削油で臭うので
嫁さんが収納を考える。
 
従来設置してある下駄箱に作業着を入れて
玄関の無駄スペースに突っ張り棒で
下駄箱を増設。
 

140505_02

 
目隠しでロールカーテン付けて完成。
下の空きスペースには傘立てやベビーカー等。
 

140505_03

 
 
続いて庭。
屋根から落ちる雨水が
跳ねて家の基礎が汚れる…ので

ブロックをセキチューで買ってきて
 

140505_01

 
砂利しきました。

砂利は飛び込みで営業に来たおっさんから
安く仕入れたのがあったので余裕。

んで
 
 
次はロドスタ。

よしださんからリース→買取りしたメガスク。
 
私のロドスタはNA8 sr2なんだけど
メガスクはsr1.5用?だった。
 
 
元々わたしのロドスタはROMチューンで
変換ハーネス使ってsr1のECU使ってたから
 
 
そのまま変換ハーネス介してメガスクに
接続してたんだけど、コレが原因?で
ラジエターファンが動かないトラブルが発生。
 
 
 
ってことでラジエターファンを手動で動かすべく
スイッチを増設しました。
 
 
まずしゃちょのとこの配線図から
ECUから電動ファンリレー行きの配線を見ると
B/Gてこと分かるので
 
B/Gの配線の被覆向いてアースに落とすか12V入れるかで
ファン回るか見てみて…
 
 
おっ!アースに落としたら回った!
 
 
当たり♪
 
 
んで…あーココの配線よゆーがないので
一つ余ってたエレクトルタップ使って
 
140505_08

コイツをスイッチに接続し完成!

 

140505_07

 

昨日始動確認もう一度したら

そういえばエアコン側のファンは回らないわな。

 

まあエアコンのコンデンサも無いから

要らないっちゃ要らないんだけど、

外すか回すかっつったらやっぱ回すかなぁ。

また後日考えるべ。

 

 

 

あ、あと連休前だけど

オトンがきてガレージの両脇に排水溝を

140505_04

 

140505_05

作っていった、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

セッティングへの道~初めの一歩

ども

ご無沙汰しております。
 
仕事が忙しいのは相変わらずですが
 
2月はあの大雪
その翌日に嫁さんが腰ブローになって
バタバタがMAXにきてどーにもならず…
 
 
やっと最近嫁さんの腰も良くなり
通常運行に戻りつつあります。
 
 
 
てんで
メガスクォートのセッティングです!!
 
 
よしださんにセッティングしてもらってから
ずいぶん経ってしまいましたが
 
 
ノートPCもらってくる
 ↓
通信できない
 ↓
USBポート死亡?
 ↓
リカバリ作業
 ↓
どうやら失敗
 ↓
ヤ○オクでthink pad X40を
野口さん×3でゲット
 ↓
やっとメガスクと通信可
 
 
という
これでもかっって回り道してましたよ(-_-)
 
 
それでやっと自分で触れる環境になったので
先日シモニタに来ていたよしださんに
色々教えてもらいに行って来ました。
 
 
 
私はセッティングに対して全くのシロートなので
自分の覚え書きも兼ねて
また間違ってたらダメ出ししてもらいたいな…
というスケベ心も兼ねて
書いていきたいと思います(^^;
 
 
 
まずこれからやってく作業ですが
叩き台の各マップはよしださんに作ってもらっているので
そのマップの煮詰め作業になります。
 
 
なのでマップをイチから構築なんてコトは
私にはまだまだ出来ないので知りません(笑)
あしからず(^^;
 
 
私の鹿号はDジェトロ、負圧制御です。

Mega01

なので上記の画像(クリックで拡大表示)
の三つのマップ全て縦軸は負圧です。
 
 
 
左上のAFR Table1は目標空燃比のマップ
空燃比計とリンクして学習機能オンにしてれば
コレに近づけてくれる…と思います(^^;
 
おおざっぱな私の理解を書くと
踏んでトルクが欲しいトコは出力空燃比の12辺り
他は理論空燃比の14.7辺り…なのかな?
 
コレは私いじりません(^^;
 
 
左下のVE Table1は燃料マップ
右上のSpark Advance Table1は点火マップ
 
 
この二つを触ってきます。
エンジンかけてこのマップ見ると
マップの中に丸い点が動き回ります。
マップの読んでるトコロを示してくれるんですね。
 
アイドリング時は…確か縦軸25~30で横軸800~1100rpm辺りを
ウロウロしてると記憶してます。
 
 
んでレーシングすると一気に負圧の高いところ読むんですが
 
どーいう風にマップ読んで回転が落ちてくるか観察。
 
 
んでいざ実走してみてマップのどこ読むか観察。
 
 
空燃比計がいくつの値になってるか観察。
 
 
 
で燃料マップは簡単です。
 
空燃比が薄い、濃いと数値で示してくれるワケですから
その数字に従いマップの数値を上げたり下げたり。
 
キモはあれですかね。
 
マスの中間辺りを読んでることもありますから
その場合平均値になったりするってことと
 
アクセルオフの時は負圧が10~20辺りを読むんで
ココが濃くしてるとエンジンブレーキが弱くなったりしました。
 
アクセルオフ時に12の空燃比だとやっぱりエンブレ弱くなりました。
逆に言うとそこそこ濃くしてると
オフからオン時のピックアップは良いかと。
この辺好みになってくるところかと思います。
 
 
んで点火
 
そう点火がセッティングのキモらしいです。
 
 
アクセルレスポンスや
トルク感が大きく変化するのが点火だと。
 
 
ですが触るリスクがあるのは
シロートの私でも分かります(^^;
 
 
なので近々は高回転高負荷が触らないようにしようと。
ココで点火進め過ぎるとノッキング→ブローって
シロートが思う最悪の展開がよぎるので(^^;
(そんなに即ブローもしないみたいですが…)
 
じゃあドコいじるのよ?って
負荷がかからないところです。
 
 
ココがレーシングやアクセルオフ時の
レスポンスに関わるトコだと。
 
 
実走して負荷がかかってると
負圧は40以上を読んでることが分かってくるんで
それ以下のところの点火を進めて上げると
レーシング時のレスポンスが良くなると。
 
 
あとは高回転のアクセルオフ時に読むところ…
コレ意識してまだ観察してないんで
具体的に数字で言えないんですが
 
ココの点火を遅らせて上げると
回転の落ちのレスポンスが良くなると。
 
 
 
この辺りのレスポンスが好みになってくるので
実走して煮詰めていければと思ってます。
 
 
ということを教えてもらって
先週チョコチョコセッティングしてたんですが
 
 
何気にセッティング…
 
 
楽しいです(^^)
 
 
 
ただメーターとマップと見ながら
走ってあそこら辺読んでるよなぁ~今。
とか記憶して止まってチマチマいじって
走ってと地味作業ですが
触ってる感あって楽しいですねぇ。 
 
 
高回転まで回してると見る暇なんてないんで
どーする?ってなると
 
メガスク、ロガー機能もあるんで
走ってロガー取って後から

Megalog01

↑こちらロガーの画像ですが
見たい値だけグラフ表示して
それに従って燃料マップなんかは整えていけばいいかな?と。
 
 
 
今はアレ買ってコレ買ってと
出来ない状況なので
触って楽しいツールを手に入れて
すごく嬉しいっすね、マジで。
 
 
実際メガスク良いと思います。
 
もうすぐ一年になりますが
季節変わっても走り出してしまえば
調子の良さは変わらなかったので
外的要因で調子悪くはそんなならないかと。
 
 
唯一冷間時のエンジン始動で
ちょっとトラブリましたが
その場合は
始動/アイドル→クランキング噴射量

Mega03

からその時の温度でココの値を調整してやると
解決みたいです。
 
残念ながら寒い時期終わってしまったので
また年末辺りに調整ですかね。
 
 
あとはアイドリングの回転数ですが
私のはアイドル制御がPMW Warmupになってるので
 

Mega06_2

その時の水温に合わせて
縦軸のISCVの値を調整して
アイドリング回転を決めると。
 
 
よしださんがココ で書いてた
水温別で目標アイドル回転数を決められる
アイドル制御があって一回やってみたんですが
 
 
エライ、ハンチングした上に
何故か走り出すのにクラッチ繋げて
負荷かけようとするとベロベロいってどーにも
ならなくなってすぐ戻しました(^^;
 
 
色々補正値とかいじれるとこあるので
細かく煮詰めれば調子良くなるんでしょうが
今のところエアコンもない私のクルマでは
現在のアイドル制御で何も不満ないので
オッケーかと。
 
 
 
 
覚え書き、ざっと書くとこんな感じですかね。
ホント私シロートですけど
 
メガスク、表記等も分かり易くて
触り易いと思いますよ。 
 
 
メガスク本体8万円以下。
空燃比計2.8万円
中古ノートPC3000円
ハーネスやら切った貼ったの雑費数千円。
 
 
 
うん、対費用効果は高いんじゃないかなぁ~?
私が付けて時間がかかったのは
単純にプライベートな時間が作れなかっただけだし。
 
 
数年前からあった冷間時の謎のエンストも
エアフロが悪かったのか、ノーマルECUが悪かったのか
なくなったし
 
 
メタルクラッチ入れてる人なら分かってもらえると思うんですが
小さいアクセル開度で静かに走り出そうとして
失敗しそうになって慌ててクラッチ切った時、
 
メガスク、エンストしないで
そのままちょっと回転上がって普通に保ち直すんですよ。
ノーマルECUみたいに。
 
 
コレ地味に凄いことなんじゃないかなぁ~と思ってるんですが
どうでしょう?
 
 
最後に色々教えて頂いて
ブログへの記載も了解してくれた
よしださんに大感謝m(_ _)m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

チョット前進

時間が出来たので

 
 
 
メガスクにしてから
 
6000回転以上で
タコメーターがハンチングしていたのを直す。
 
 
のでよしださんに以前教えてもらった方法をやっと施す。
 
 
内容は
 
タコメーターの配線にイグニッション電源から分岐して
抵抗つけて接続。
 
 
色々考えてタコメーターに接続するコネクタのところで
接続を行う…
 
 
作業大変だった…(-_-;
 
15年も経過した硬いハーネスをなるべく傷つけないように
しかも作業ストロークも少ないところで…
 
指つりそうでした。。。
 
まあイグニッション電源は
以前ど~だに預けた時、メカニックH氏が
気を遣って私がテキトーに電源とってたETCを
リレーの裏から綺麗に取り直してくれてた配線があったので
楽出来ましたよ。
 
 
 
あともう少しでセッティングいじれる環境が…って遅い?
 
今年は昨年に輪をかけて変化の年でして…
勘弁して下さい。
 
コツコツと地味に進みます!
 
 
A/F計もテキトーに持ってた廃材で
テーピングで仮固定。 
 

131021

↑ガレージにて
 
 
あと15mmほど下げたらイイ感じ。
ただA/F計から出てるハーネスが太くて曲がりがきついので
メーターフードの下側に切り欠き追加しなければならないな…
 
 
まあこのままでも走れるので
コツコツ進めながら
お山へのシェイクダウンを
今年中にする目標で頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

メガスクウォート始めました。

お久しぶりです。

 
 
 
気が付けば6月も終わってしまいますね…
 
思えば5月に間瀬練習会やら軽井沢やら遊び過ぎて
その後子育てに本格突入。
 
Jrも3ヶ月に突入すると泣いてる理由が
おしめ、ミルクと単純ではなく
何かが気に入らないとかになり…大変ですねぇ。。。
 
仕事の方も6月から上司にむちゃぶりというか
丸投げを食らって四苦八苦してました。
 
1ヶ月経ってやっと慣れてきたかも…。
 
 
近況はこんなとこで
本題。
 
 
 
 
 
 
よしださんのお誘いに乗っかり
こっち方面にほとんど知識のない私は
お世話なりっぱなし(^^;
 
 
A/F計もNEKOのが良いってことだけは知ってますが
高価でまず今の私には無理。
 
安価でオススメなのモノを…
イノベートのLC-1 を教えてもらい
コレならリーズナブルと家族会議を乗り越え購入。 
 
 
 
 
ほんでいよいよ取付…は自分でやり
よしださんにはセッティングをしてもらった。
 
 
んで取付ですが
メガスクウォート(以下メガスク)の接続はすげー簡単です。
 
 
 
ECU外してコネクタをそのまま接続。
 
後は負圧取るのに
インマニに行ってるホースをぶった切って
量販店で売ってる写真の金色三俣を入れて
内径4φのシリコンホース何かでメガスク本体まで繋ぎます。

130630_02

…以上。
 
 
おっと忘れてた!
一番悩ましい?のが
吸気温度の回路。 
エアフロに行ってる配線から取り出すのですが
純正配線を切るのに抵抗が…。 
 

130630_04

↑がんばった 
 
なのでコネクタから端子抜いて
 

130630_05

↑こんな感じで付属の吸気温度センサーと繋ぎます。
今となっては純正ECUに戻す気もなくなったので
バチッと処理したいですね。
防水とかも考えてコネクタにはメクラとか
何かしたい…というのでココも暫定仕様…(^^; 
あとはA/F計。
電源取ってアース取って
エキマニに付いてるO2センサー外して
A/F計のセンサー入れ…いやその前に
センサーとメーター繋いで説明書に従い公正しましょう。
 
 
私は二度手間しました、エエ。
 
 

130630_01

↑センサー〜メーター間にでっかいコネクタがある。
とりあえずエアクリのパイプにタイラップ止め。
このコネクタでかいので安定感ある固定に。
(恒久的には何か考えるか…ココもか?オレ)
 
 

130630_06

↑メガスクさんです

私のはNA8シリーズ2で

変換ハーネスでシリーズ1のECUでROMチューンしてました。

んでその変換ハーネスはそのまま使用し問題なく動作してます。

手前の白いコードはノートPCとの通信で使用。

銀色のコネクタから出てる配線には

A/F計の配線を接続します。

130630_07

↑しっかり動作確認しましょう。

やったつもりでも落とし穴がつきものです。

素人作業は色んなところで要確認!ですね(^^;

 

まあ最終的に無事に動けば御の字。

私の場合もお昼前から作業始めて午後2〜3時には

よしださんにセッティングしてもらい始めましたから。

 

んでセッティング。

ブリッピングしてそのフィールと

回転数についてよしださんに感想を述べて…

富永さんの様に(湾岸Mを確認してください)

パチパチしていだたく。

 

良くなったりなんだり…を繰り返し

いざ走ってみようになり

走ってまたパチパチ…が

走行中にデータ送るとエンストしかけたりするので

ちょっと怖い(^^;

 

なんやかんやで

おお〜コレ良いわ〜ってとこまで

くるのに夕方くらい。

考えてたのよりサクサクで

凄いな〜と。

その後は時間が作れず

暫定のまま通勤に二回使ったくらい。

う〜ん、早く色々やりたい!

久々にワクワクしながらロドスタを良い方向に

出来そうですわ〜



よしださん大感謝です!

 

 

ってことで

セッティングのやり方については私は何もまだ言えませんが

ハード的な作業はすごく簡単なので

フルコンにチャレンジするには

コスト的にも敷居が低いと思いますよ。

メガスクオススメです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

間瀬練習会取り急ぎ報告

すたげさんの間瀬練習会。

 
 
 
詳細…てほど書くのもないんですが
それは後ほどで
 
 
 
こちら取り急ぎ報告です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

もてなす

先日

 
 
 
33R氏wazuさん
Jrの顔を見に遊びにきてくれた。
 
 
 
Jrが居ると外出がおいそれと出来ないので
ありがたいです(^^)
 

130502_02

↑久々のツーショット
 
 
まずはお互い旧車に踏み入れたので
錆びや壊れ具合のクルマ談義(^^;
 
 
仕方ないところの錆びはしょうがないねぇ〜
なんて話してたけど、33Rミッションがヤバイらしい。
 
 
動けなくなるくらい壊れたら…その時の修理代考えると…
 
 
33R氏ヤバし(^^;
 
 
この談義の間嫁さん料理に奮闘中だった。
 
 
んでJrお披露目…の間も奮闘中(^^;

130502_01

↑子育て2年先輩の33R氏の話を聞く
 
 
んで嫁さんの手料理でちょっと遅い昼食。
 
33R氏は運転なのでアルコールゼロビール
最近のはかなりビールになってて?飲めるんだな、アレ。 
 
 
私とwazuさんは昼間からワインなんか飲んで
皆でくっちゃべっていたらいつの間にか夕方になり解散。
 
 
また遊びに来てください。
 
 
部屋狭いから人数は呼べないけどね(^^;
 
一軒家になれば… 
 
 
 
 
明日はすたげさんの間瀬練習会。
 
エキスパートクラスにエントリーになったけど
 
実際ラジアル185で羽無し、どれくらいイケるだろ?
 
 
同じクラス内には数年前に行われてた
間瀬クーマック耐久レース参加経験のある猛者達が…
 
 
 
まあ今回は一人でアウェイに乗り込みなので
失うモノは何もない!
 
 
 
出る結果が今の自分ってことで
ヤッちまわないように頑張ってきます!
 
 
追記 
ちょっとだけやったチューニング
 
 
ずっと思ってたらworksさんに先越されてた
ブレーキとクラッチペダルのゴム。
 
 
130501_01
↑左上クラッチ、右上ブレーキ。下新品(サイズ同じ)
 
 

130501_02

↑新品へ 

たった数百円の投資と
数分の作業で凄くドライビングが快適になります。
 
 
コレやらなきゃ損。
NA、NBの人達で交換してない方は
 
皆劣化してると思いますのでオススメです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

6年ぶり

間瀬走ります!

 
 
 
 
 
 
TC1000はモチベーション上がらなくて。
 
 
昨年秋に42秒台に入ったんですが
それ以降タイムが上がることはしてないしねぇ。
 
 
 
なんだか久々に間瀬にすげー行きたくなってきて
いや、6年前に走って以降毎年
行きたい気持ちはあったんですが
遠征ですからそれなりに納得行く状態で行きたい…
とか思ってたら中々実現できず。
 
 
 
 
今回はクルマも現時点ではやることやれてるし
6年前と比べれば技量も多少上がってるだろうし
タイミングは良いかと思ったんです。
 
 
 
嫁さんのオッケーも無事もらい
行くことを決意。 
 
 
事前予習すると…皆羽が無い。
 
 
レギュレーションあるんだっけ?
場の空気的にも一人羽付けてたらヤダな…
と思いすたげさんに電話しその辺確認して
羽無しで行くことに決定!
 
 
その辺足並み揃えとかないと
面白くないっすからね。 
 
 
気合入ってきましたよ!
 
幌外してハードトップ被せて
ロドスタはほぼ遠征準備完了!
 
 
今年の冬は寒く長いオフシーズン中
メンテもはかどりましたので不安要素も少なく行けます。
 
 
 
6年前14インチのSタイヤで走った自分のタイムに
185ラジアルでどこまで迫れるか?
 
とか色々目標ありつつ
走る場所が間瀬ですから
良い緊張感もありつつ(^^;
 
 
脳内妄想拡大中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

敗者復活して予備

先週末

日曜は予報よりも早く雨が通り過ぎ
 
 
晴天。
 
 
突風は吹いてましたが
問題ない天気。
 
 
 
コレで春支度の最後の整備だぜ!
と思ってるところにNがせさんが遊びにきてくれた。
 
 
 
ので
何時も油まみれの手と
時間がないので
取れなかった写真をお願いしました。
 
 
 
前回右リアキャリパーバラして
ピストンに錆び発見→撃沈→ヤ〇オク購入キャリパへ替え
 
 
 
だったのでオリジナルの左リアキャリパーはバラしてない。
 
 
『錆びてるん?』
 
 
 
と気になったので開けてみた。
 
 

1300408_01

↑兄さん、無事ですやん!
 (撮影Nがせ巨匠)
 
 
おお!マジか!!
コレは予備で使える!
 

1300408_02

↑キャリパも汚れてるだけで使えそうだ。
  (撮影Nがせ巨匠)
 
外す前からピストンのブーツのところ
破れてなかったから良い予感がしてたんだよねぇ〜。 
 
とりあえずシリコングリス添付して封印。
 
 
じゃあ錆びてるピストンを
Nがせさんに見せようかなぁ〜
右リアキャリパーをバラらしてみると…
 
 
 

1300408_03

↑あ、アレ?
 (撮影Nがせ巨匠)
いや、前も派手に錆びてるワケじゃなかったんですが…
一筋あったんですけど、全周見ても発見されず。
 
 
キャリパに挿入して戻す時に削れてしまったのか(^^;
 
まあ指で触ると僅かに凹凸居るっぽいので
再使用は…まあ最悪の予備として取っとくレベルですかね。
 
 1300408_04
↑キャリパーは平気…かな?
 
 
あとは助手席のパワーウインドの中に油さして
ドアミラーのセブリングが走行風で傾いちゃうので
バラして錆び落としして組み直して終了。 
 
ちょこちょこ手伝ってくれたNがせさんに感謝。
 
 

1300408_05

↑鹿号とNがせ号

 

大体オフシーズンのメンテ終了。

この後ちょっと良い時期がきたら

すぐに梅雨だけど、その良い時期に

子育てがカブるから今年はどうかなぁ。

 

とりあえずは

愛車の不具合潰して

良くなるのは気持ちがイイっすね(^ー^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧