旅行・地域

2012年12月30日 (日)

12月の旅行続き

旅館角屋に入ると

のっぽな古時計が迎えてくれる。
 
 

121201_06

 ↑のっぽな古時計

 

121201_07

↑ロビーで受付を済ませる、ロビーって感じしない(^^;

部屋案内

 121202_08

↑古民家の様な作りだがリフォームが行き届いている

流石に掃除は徹底されてるみたいだ。

 

121201_03

↑部屋は普通に和風

121202_06

↑部屋にも囲炉裏があるのが変わったところ

浴衣に着替えて名物の白玉クリームあんみつを食いに

ロビーに降りる。

 

121201_08_2

↑白玉クリームあんみつ 787円

お高いがボリュームすげー。

121201_05

↑ロビー横の囲炉裏スペースで食ってた

あんみつとかそんな好きでないが記念と

思って食っといた、なかなか美味かったのでまあ良し。

腹が膨れ過ぎて夕食が食えるか不安になる。

 

夕食前に風呂と思い行くと

露天しか空いてない、他の客も考えることは一緒である。

ざっざっと温泉でちょびっと疲れを癒し夕食。

食事は客室に持ち込まれる。

121201_d_02

↑前菜

えっと…嫁さん全て撃沈(^^;

この貝なんつったっけ?

昔おとんが酒のツマミで食ってたなぁ。

最近全く見ないけど。

嫁さんの分まで腹いっぱい食いたいものではない(^^;

続いてエシャロットを自家製味噌で食う。

これまた嫁さん撃沈(^^;

嫁さんに暗雲立ち込める。。。

121201_d_04

麩(ふ)ときのこの鍋

う…ん、コレなら…と嫁さん食べてたが…

体には良さそうだがそんなに。。。

で次は

海老コロッケ

これは当たり前に美味かった。

刺身が出てきて(これも嫁さん撃沈)

生春巻きが出てきて(これも嫁さん撃沈)

121201_d_09

↑最後にステーキ

これも当然美味かった。

なんだか嫁さん好みできたのに

撃沈率高し(^^;

白玉あんみつ食って

腹満たしといて良かったとは嫁さん談。

私は

121201_d_07

↑利き酒セット

呑んでボチボチ満足。

そんで麩ときのこ鍋の臭いが消えない部屋で就寝(^^;

翌朝

6時半出で瓢湖に白鳥を見に行く。

旅館のプランであったので旅館のワンボックスに揺られて15分ほど。

 

121202_03

↑わんさか居る

地元猪苗代でも白鳥来るが

早朝にわざわざ見に行ったことないので

こんなに多く見たのは初めてだ。

写真バシバシ撮るが

曇で暗くて飛んでる写真はブレブレで全滅。

121202_02_2

↑コレ精一杯

30分ほど白鳥を堪能…寒い。

幸い旅館からの客が私達だけだったので

運ちゃんに帰りましょう、と行って瓢湖を後にする。

で温泉入ってから朝食。

121202_04

↑旅館の定番と言ったメニューですな

流石に新潟米が美味い!

嫁さんも朝食は大丈夫で一安心。

でデザートに

121202_05

↑コーヒーゼリー、525円

甘くなく食感がしっかりしたゼリー。

旅館はこんなんで。

121202_09

んで次は焼物作り。

轆轤を使って見たかったんだけど…

121202_10

↑回転台?

アレ使わないの?話が違う気が…まあイイか。

 

黙々と嫁さんと作った。

完成は3ヶ月後の忘れた頃。

昼食時になので陶芸のおっちゃんに

良いトコないか聞くと瓢湖に行く途中にレストランが…と。

まあこんなところなので

選択肢も少ないし、期待しないで行くと…

121202_11

↑ビール工場がガラス越しに見える。

私達が入ってから続々とお客が。

パスタとピッツァ頼んでみた。

121202_13

121202_12_2

コレかなり美味い。

意外な当たりで満足。

食事後ビール工場の方を除くと

121202_14

↑楯や賞状が

ビールのワールドカップで金賞とかが一杯。

折角なんで買ってみた、まだ飲んでないけど。

レストランの奥に屋敷があったりする。

後でググッてみたら

瓢湖屋敷の社 らしい。

古民家はもういいかってことで

今回の食いだおれ旅行の最後

ヤスダヨーグルト

ココのジェラートとかも美味かったんだけど

お得パックを買ってたら

飲むヨーグルトやら全部美味かった。

福島のモーニングとはまた異なった美味さ。

コレ食って1週間過ごしたら

今まで体重増えなかった伊藤夫妻共に重量増加。

おお〜私達乳製品大量摂取で体重増えるのか、知らなかった(^^;

私は他のモノ大量に食っても体重増えたコトないのに。

そんなんで新潟旅行終了。

妊婦だから歩くの辛いので

クルマで移動メインの食いだおれ行き当たりバッタリ旅行でしたが

結構満足して終わりました。

旅館は…ちょっと意外に…でしたが、まあね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

12月の旅行

もう年末ですね。

 
 
 
旅行は12月の頭だったのですが
いつの間にやら月末に…
 
 
 
年明けたら絶対書かないので
書いとこうと思います。
 
 
 
 
12月初旬
二人での最後の旅行ってことで
新潟に行ってきました。
 
 
今回目的は
『妊婦に良いと評判な宿』
でその他の観光は事前に全く調べず(^^;
 
 
まあなんとかなるべ…と時は過ぎ
前日にどうせなら長岡辺りでラーメンでも食うかぁ
とググって数軒調べ新潟へ乗り込むことにする。
 
 
AM10:00 ゆっくり出発。
ラジオを聞いてると新潟方面は初雪らしい。
 
 
ふ、テリオスキッドにBSスタッドレス(中古)装備で
準備は万全だ。
 
 
関越に乗って赤城高原SAに立ち寄る。
外は結構寒い。
 
 
軽く朝飯食ってきたけど
寒いのでラーメンでも…ぶう次郎ラーメン1杯を二人で食す。
高速SAにしては美味いな。
どっかのSAで食った佐野監修のらーめんは不味かったが… 
 
 
道路情報を見ると
事故二箇所、関越トンネル後チェーン規制。
 
中々険しい道のりだが
時間は余裕なのでボチボチと。
 
 
 
淡々と走る。
関越トンネルを抜けた後の土樽SAでは
強制的に入れられタイヤチェック&チェーン装着等を行なっていた。
 
 
新潟方面は雪で
高速道路上も雪が残っている状況だ。
 
 
しかし4駆の直進性って凄いですね。
 
FRで雪の轍がある状況だと
車線変更時に修正蛇当てたりするのに
4駆は全然平気。
 
鉄則としてゆっくりとステア切ってくのは当然として
轍にステア取られないもんなぁ。
 
テリオスキッド買って初めて4駆の恩恵を受けました、エエ。
 
 
そんなんで
雪でも淡々と走行。
 
 
魚沼辺りになると高速道路上の雪はなくなった。
あとは順調。
 
長岡南ICで降りて長岡市街地を通り
ラーメン屋を目指す。
 
 
そうそう長岡市街地走ってて驚いたことが二点。
 
 
その1
ちょっと古いクルマ、商用車とか
買い物車とかそんなんで
何だか車体の下半分が
茶色く泥汚れが付いてるなぁ〜と思っていたら
 
 
 
それ泥汚れではなく
どうやら錆びの様で…(^^;
 
 
マジか?と。
 
古くても趣味クルマっぽいのはなってないので
道具としてテキトーに使われてるクルマは
錆びるようです。。。
 
 
塩カルと潮風の影響なのかなぁ?
 
福島豪雪地帯、会津地方では見たことなかった。
本場豪雪地帯新潟恐るべし。
 
 
 
その2
家の基礎が高く作ってあり
そのままガレージになってる家が多い。

121201_nagaoka

↑こんな感じ
 
そうか、新潟ではガレージがディフォルトなのか。
確かに街中で見る錆びてるクルマ見ると引くから必須だよな。。。
 
 
 
んでPM2:00 ラーメンいち井着。
 
私は醤油に味たま、嫁さんが塩注文。
 
 

121201_01

↑醤油に味たま

121201_02

↑塩
 
塩の方が一口目深い味わい。
美味い。
しかし食べ進むとなんか飽きるの早い。
醤油は一口目食べると、塩の方が美味かったなぁ〜
とか思うけど食べて最後まで美味いのは醤油だった。
 
うん、長岡ラーメンレベル高いな。
値段も高かったが。
 
 
長岡を後にし再び高速に乗る。
新潟中央JCから磐越道へ。
 
ココは流石の赤字路線。
除雪がほとんどされてなくて1車線は死んでる(^^;
 
 
難なく走って安田ICを降りて杉村温泉
 
 
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

北陸旅行その2

金沢市内を走るんだけど

昔の城下町はやはり道路が分かりづらい。
 
 

加えてiphoneのMAP FANが不調。
 
 
 

現在地が2〜30Mずれるは
案内開始しないはで翻弄される…がなんとか到着。
 
 
 
一つ目の観光地は 
 
 


妙立寺
 
 


120722_01
 
 
通称:忍者寺らしい。
 
 
 
120722_02
↑寺正面
 
 
ココは完全予約制
当日でも良いので事前連絡が必要。
 
 
 
というのも
15人1組みくらいでガイドに中を案内される。
落とし穴や仕掛け戸、中二階の部屋など
各所回って説明がある。
 
 
 
結構楽しめます。 
 

なかなかオススメ。 
 

 
 
私は全く歴史に疎いんですが
歴史好きな人はもっと楽しめるかもです。
あ、疎いのは夫婦揃ってです(^^;
  

  
ウチのオカンの話では35年前は説明等なく
勝手に中を回れたとか。 
 
 
 
あ、寺内は撮影禁止で写真はありません、あしからず。
 
 
 
でボチボチ腹が減ったので飯へ。
 
  

近江市場へ行き
  
 
 
目的は海鮮丼! 
 
 
 
 
事前にググッたら 
 

TVで紹介されてたのにアレ… 
 
 
 
とか不安な情報が多々…
慎重にググって
 
 
Kanazawa01
↑ココに


 
ちょっと並んで入れた。 
 
 
 
Kanazawa02
↑特得丼

 
Kanazawa03
↑市場丼
 

Kanazawa04
↑海老カニ丼海老抜き 


Kanazawa05
↑海老カニ丼

 

 
メニューの写真通り豪華だったんです。
 
 
けど

醤油にワサビといたのかけて食うのを勧められたけど
  

下のシャリに全部落ちてしまってイマイチ。
 
 
食うネタを醤油につけて食べる方が良いです。
 

そんでネタは新鮮ですが
 
シャリが冷めてなく、ネタが温くなってしまってるのが
イマイチでした。 

 
 
  
結論として
 
 
 

海鮮丼はイマイチ
 
 
 
 
 
 
 

食うなら刺身定食を食え!
 
 
 
 
 
  
ですね。

いや、金沢なら金沢カレーが正解なのかな?
 
そこんとこ、今回の旅行では金沢カレー食えてないので疑問が残るところです。 
 
 
 
 

次は 
 
 
 
金沢城と兼六園へ。 
 
 
まずは金沢城 
 
120722_03
↑入口

天守閣ではないです。
修復されたばかりらしいけれど…
蒸し暑いは駆け足での観光だわで良くわかってません(^^; 
 
 
 

120722_06


中に入ると庭園と
アレがお城かな?
 
 
変なところから入ってしまって
歩いた割に…要所見れず

  

アレそろそろ兼六園回らなきゃ時間なくね?
  

 
 
となり

兼六園へ向かう(^^; 
 
 
 
120722_07
↑国内最古の噴水

 
 
120722_08
↑この辺良いところかなぁ
 
 
 
ちょっと兼六園の良さを知るには
まだ若過ぎたのかもしれません。

 
 

綺麗だけれど… 

まだ何か楽しめないつーか
この蒸し暑さも滅入るつーか 

 
 
 
オカンとおとんは30年ぶりだか
なんだかで良かったらしいですがね。

 
  
 
んで
夕方近いので
そろそろ富山方面へ戻り
 
 
今夜の宿
 
 
黒部 宇奈月温泉へ 
 
 
 
 
群馬の田舎が負けるほど
田舎。

 
 
周辺にコンビニもないので
途中寄って一応買出し。
 
 
 
渓谷沿いにある昔ながらの
温泉街ですね。
 
 
 
 
夕飯は旅館の普通なメニュー。
ただ刺身は昼間の海鮮丼より美味かった(^^;

 
 
温泉もボチボチ。
源泉かけ流しではないし
結構薄めてる気でしたね。 
 
 
 

 
翌朝は黒部渓谷トロッコを予約してある
朝早いのと旅の疲れで早々に就寝。 
 
 
 

んで最終日
黒部渓谷トロッコ乗って帰るのみ。 
 
 

120722_10
↑丸目がキュートですな

コイツに乗って行きます。
 
 

『黒部渓谷トロッコなう。』
とツイートしたら
 
 
黒部渓谷鉄道から『ありがとうございます』 
 
とリツイートされてツイッターの恐ろしさを実感(笑)
  

 
 
しかし仕事熱心で好感がもてますね。>黒部渓谷鉄道 
 
 
 
実際楽しめましたよ。
 
 

120722_11
↑車窓か…いや、窓ねーや。
 

乗るなら行きは一番安いシートがオススメ。

安全安全うるせー現代に
窓も背もたれもない車両がアトラクションチックです。

 
終点欅平までは役80分。
車内では室井滋のアナウンスで各所の説明がされます。 
 
 


120722_12
↑冬期歩道らしい
 

日本海側の豪雪地帯なので
冬期はあのコンクリ内にある歩道でメンテナンスへ行くとか…ホントか?(^^;
 
 
 

120722_18

で渓谷の風景を楽しみ進みます。


120722_17

時折対向車両と駅でスレ違います。 
 
 

あとは終点欅平について…
 
120722_14 
 

満喫するなら
ココの温泉宿へ宿泊するのが正解なんでしょうが 

足湯で我慢し 


昼飯は欅平駅の食堂で
富山名物白エビかき揚げを食って満足。 
 
 
 
 
これで帰ると
帰りのトロッコが長いこと。
 
 
途中眠くなるので
帰りはちょっと高い車両を選ぶのも良いかもしれません。 
 
 
 
今回の旅行は二泊二日
ちょっとキツイ日程でしたね。
 
 
 
事前の調べも飯に関しては甘くて

もうちょっと頑張って調べとけば良かったと…思いましたエエ。
 
 
 
 
 
しかし黒部のトロッコは
 
 
 
オススメですかね。

  
 

 
一度行っといたらイイかもしれません。
 
 
120722_16


 
 
あんなトコに良く線路引いたよなぁ。
 
  
 

ホント。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

北陸旅行その1

7月の終わり。
 
 
ウチの親と4人で
北陸方面へ旅行に行ってきました。

 
 
目的地は
 
 

石川県金沢市と富山県黒部渓谷。 
 
 
   
ウチから金沢までは350kmくらい
実家からウチまでは230kmほど。
 
 

金曜日の夕方にウチの親が
私の家へ着弾し

 
私の仕事帰りを待って出発。
 
 
一気に金沢入りは時間的にもキツイと
嫁さんの事前の判断で
 
一日目は程よい地点の
新潟県糸魚川市に温泉付きのビジネスホテルに宿泊する。
 
 
 

上信越、北陸道で行ったんですが 
丁度長野方面の雨が強くて
 
 
なかなか緊張感ある高速巡航でした(^^;

 
 
夕食は明日から贅沢すると思い
コンビニでテキトーに済ませ
さっさと宿へ行き初日終了。
  
 

 
翌朝から本番。
ホテルの朝食バイキング食って出発。
朝食バイキングは
まあどこも似たようなものですね。 
  
 
  
で二日目は一気に金沢入り。
 
 
 
北陸道を南下。 
 
 
水のおいしい黒部の看板を過ぎる。
 
 
 
今夜の宿は黒部市宇奈月。
金沢観光した後にココまで戻ってくる。 
 
 
 
途中軽く雨に降られたりしたけれど
予定よりも1時間ほど早く金沢へ着弾。

 
 
昼食の時間にまだ余裕があったので
観光に切り替え。
  
 
 
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

夏休み小旅行その3

AM7:00時起床。

窓を少し開けてるだけで寒いくらい。


ゆっくりと用意して
8時半からの朝食へ。

110818_01_3
↑スタンダードな朝食です

普通に美味しかったので良し。

オーナーも夕食よりは余裕ある気だったが
食事の支度をしてるであろう奥さんの姿をみることはできなかった。


二日目の観光は余りプランがなかったので
オーナーにオススメな観光地は?と聞いたら

ドラマの撮影等で使われるひまわり畑が良いと教わり行くことに…
ん、清里とはちょっと逆方向なので清里に行ってからにしようと清里方面へ向かう。

110818_01
↑ペンションハーフタイムを後にする


清里方面に登るとやたら長い橋が。


110818_02

この辺りは川俣東沢渓谷というらしい。
紅葉シーズンには良さそうですね。


観光案内地図を見て
吐竜の滝を発見。

滝は涼しいので行くことに。

途中小さい看板の指示通り林道っぽいところに入っていく。
20台くらいの駐車場に止めて歩く。


案内図を見るとここから歩きで吐竜の滝を過ぎ
次の目的に清泉寮までも歩けるハイキングルートもあるらしいが…
滝までで戻ってくるべ。


川沿いをボチボチ歩く。
帰ってくる人とも結構すれ違う。
有名っぽい?


木々が影になって涼しい。


110818_03
↑吐竜の滝

いや、コレ結構綺麗でした。
今まで見た滝の中で五指に入るな、うん


川の水も冷たくて気持ちがいい。
山はイイね、山は。


自然を堪能し来た道を戻る。
駐車場まで戻ってくると

狭い駐車場なのに駐車待ち行列が出来てる!
マジか?


ささっと準備してクルマ出す。


次は清里へ向かい清泉寮へ。

牧場っぽい風景の先に清泉寮が。
観光客が多いね、やっぱり。


110818_04
↑博士の銅像の後ろが清泉寮


でここより人気がちょっと少ない
横の牧場っぽいところで牛の乳絞りを体験を100円やってたので
やってみた。


110818_05
↑牛の乳絞りをする嫁さん

隣ではヨーグルトを作る!ってのを500円でやってた。
家族連れにはいいですね。
対応は近くの?農業大学生っぽ子らがやってました。


で軽食屋が目の前にあったので
清里といえばソフトクリーム!!


110818_06
↑傾いてますが流石に美味い(350円)

なんだかんだでもうお昼の時間。

何食うかなぁ〜と
iphoneで検索も電波が危うくたどたどしい感じ。


やっとこ検索して
清里駅近くのグラタン屋へ。


110818_09
↑グラタン専門店アミ

ちょっと行列出来てたけど
まあいいか?と並ぶ。


ピークは過ぎてたのか
そこそこの回転率で席につけた。


110818_07
↑私はハンバーググラタン、サラダ付き(1200円)


110818_08
↑嫁さんはカニのマカロニグラタン、サラダ付き(1000円)


美味かったけど
ちょっと腹は満たされないかな?
何か追加で頼んだ方がいいかも?


まだ行列出来てるし
ボチボチ店出る。

お腹も満たされてないので
試食目的で次は八ヶ岳チーズ工房へ。


気持ち良いドライブコースを走ってボチボチと。


こんなところをミニバンで走ったら楽しさなんてないだろうな。

ロドスタ最高!


八ヶ岳チーズ工房は
なんだか土産屋っぽい感じ。
余り工房って感じじゃない。


丁度着いたら観光バスも着弾して
ツアー客に若干飲まれながら店内へ。

あーめんどくさ。

試食も余りなく…
ただ置くに山下清展があってそこは堪能。

まともに山下清の画を見たことなかったので良かった。


この辺りで嫁さんの体調が若干おかしくなる。
もう山梨堪能したし帰ろうか。

と帰路へ。

あ、ひまわり畑行き忘れた(^^;


まあいいやと中央道に乗る。

そうだそうだ。
行く先々でB級グルメ優勝の甲府鳥モツ煮のノボリを見たから
それだけは食って帰る!と双葉SAに寄って鳥モツ煮を食う。


110818_10
↑鳥モツ煮 380円


なんだかレバーを焼き鳥のタレで煮た感じかな?
酒のツマミですね、コレ。

よし、あとは帰るだけだ。

しかし中央道は混みそうなので一宮御坂ICで降りて
下道で河口湖→道志道で帰ることに。


これは大正解でなかなか気持ちよく帰って来れた。

渋滞は河口湖手前と富士急の先辺くらいで
あとは流れてたので正解。


夕飯はあっさりしたものを…と
丸亀製麺に寄りうどんを食すも
嫁さん調子悪。


家帰って翌日も安静にしてても

夜発熱。39度!

一晩氷枕などで看病しつつ
朝体温測っても熱下がらずで病院行き

薬投与、自宅看病

台風


とバタバタでした。


やっと落ち着いてきた今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

夏休み小旅行その2

仙娥滝から山梨市のフルーツパークへ。
(ほったらかし温泉に隣接してるところ)


途中バイパスの様な道があったけど
降りてフルーツ街道を走った方がドライブして良かった。


フルーツパークはボチボチ回て
外の桃販売所へ。


試食して美味かったので購入。

そういえば河口湖のところで
プラムの貴陽って品種も試食したけど
全然ココの桃の方が甘かった。

河口湖の方は
偉そうなおっさんが営業してて買う気も起きなかったが。


もう夕方。
宿の時間もあるので甲府の夜景は観ずに宿へ向かう。


宿は前日予約割引で取った
ペンションハーフタイム


じゃらんだかどっかで評価が結構良かったのでココにした。

中央道に乗って北上し
長坂ICで降りる。

県道をさらに北上するが…
単なる田舎な風景でペンションがある雰囲気にならない。

アレ〜と思っていたら
八ヶ岳高原線を跨ぐと景色が一変。


木が生い茂、牧場がある風景に。
風景が変わった直後にペンション到着。

18:15到着。


到着して呼び鈴を鳴らすが
なかなかオーナーが出てこない。
夕食の用意でバタバタしてるんだろうと思ったら予想通り。


オーナーは井上陽水を
白髪にしてグラサンをメガネに変えた感じだった。


結構高齢だけど汗だくで大変そうだ。


ざっと説明受けた。
テレビは地デジの影響でNHKしか受信できないとか。

泊まりにきてまでテレビはどーでもいいと思っていたから
イイんだけど忘れ去っていた地デジの影響がこんなところに。

暇つぶしのビデオや漫画が廊下の棚に並んでいたりする。

う〜ん、ちょっと狭いか。
まあ値段考えるとこんなもんかな?


冷蔵庫は部屋になく
使い捨て歯ブラシの類は有料。
バスタオルは一人1枚は置いてある。

オープン走行で汗かいたので
ささっとシャワー浴びて夕食へ。


お品書きはないようで
前菜は置かれているが…

オーナーはバタバタと料理を運んでいる。

ん、まあ大変そうだからテキトーにセルフっぽい
飲み物は運んで食うべ。


110817_07
↑エビとタルタルソース、グラタン、トマトと挟んでるのは実は豆腐

うん、美味いよ。

飯は結構当たりだな。


あ、食うのに勤しんで写真が…

あとはスープと
メインでポークステーキが出てきましたね。
コチラも美味かった。


しかし老夫婦だけでやってるらしく
オーナーイッパイイッパイだった。


料理運ぶのと若干の料理説明でキャパオーバーな感じ。

懐が深い方でないとオススメ出来ないかと。


最後デザート。

110817_10
↑きなこのプリン

こちら嫁さんは苦手だった。

飯に満足し風呂へ。
温泉ではないけど、久々の大きい浴槽は良いね。


そういえばココすげー涼しい。
ペンション中冷房器具一切動いてないのに全然厚くない。
涼しいくらい。

ちょっと窓開けてれば快適。
日中でも30度越えないし
早朝だと20度下回るとか。


そんなに山登ってきた風に感じじゃなかっただけに
意外。

ちょっと行けば清里だし、当然か。


冬だとー20度になるとか…ホントか(^^;

避暑地で選んで正解だったと今更ながら思う。
この時期に寝苦しくない夜って良いね。


床につき一日目終了。


つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

夏休みの小旅行その1

ども、ご無沙汰してます。

嫁さんの体調不良と仕事の山が重なりまして
今週頭までくたびれてました(-_-;


嫁さんはお陰様で体調回復したのでなによりです。


そんで今日明日は台風が近づいてる?ので
おとなしくしてようかと思ってますが、今日は雨降らないっすね。
こっちは。(9/1 16:45現在)


ちょっと間が空きましたが
夏休みの小旅行をメモ的に。

8/17 7:00出発

今回の目的には避暑地

1泊だしあんまり遠くに行く気もなかったので…
長野か山梨が候補に上がった。
長野は軽井沢とか去年何回か行った
(まあ毎年例のアレで毎年行ってるケド…)
ので今回は山梨。


出発時間がそう早くもなかったし
世間の夏休みともカブっていたので中央道は使わずに
道志道を通って河口湖を目指す。


道志道は適度に空いていてドライブには大正解。

ロドスタでのロングドライブは久々。


河口湖はラベンダー畑がある
河口湖自然生活館が目的地。


約100kmほどの道のりを2時間ほどで到着。


着くと…
アレなんか会場施設組立…いや撤去してるな。

ん?

アレ

ラベンダーじゃないよな?

そして富士山も雲に覆われ見えない。

110817_01_2

↑アレ越しに観る見えるハズの富士山

ラベンダーと間違えたのはキャットミントという花で
ミントの香りがする。

ラベンダーは1本も咲いてなかった。

ラベンダーの時期は7月までだったらしい。


まあいいや、建物の中で
嫁さんとブルーベリーのソフトクリームを食う。

美味い!


そんで店先に置いてある冷水をガブ飲み。


エアコンレスな鹿号では水分補給は重要ですね、エエ。

とは言っても道中の峠道は
下界と違って湿度が低く感じ、オープン走行も快適だ。


続いて甲府市
クリスタルミュージアムへ。


110817_02
嫁さん光物を欲しがらないので
こーゆーとこ行っても結構平気。


逆に金運上昇だかの石
タイガーアイでも買って…
totoBIGでも当てなきゃなぁ〜とか私が悩む。


結局何も買わずに次へ。
標識でパッと見て行くことにした
昇仙峡へ


丁度昼時だったのでググって
美味いそば屋を検索すると昇仙峡近くにあるハズだったのだが
着いてみると営業してない(-_-;


隣のワケわからん食堂のおばさんに手招きされたが
シカトして仙娥滝の方まで上る。


途中前を走ってたタクシーが何故か止まった。
車道から左を見ると岩肌が露出した風景が。


110817_04


撮影ポイントだろうか?
紅葉の季節には良いだろうけど渋滞必至な気がする。。


上の駐車場に止めて仙娥滝周辺をウロウロ。
テキトーに人が入ってるそば屋で食ったら意外に普通に美味かった。
何故か岩魚を無性に食いたくなったので岩魚も食う。

懐かしく美味い。


腹も膨れたので商店街から離れて
仙娥滝を観る。

と思ったら逆方向に歩いてて
また石の博物館的な…

ココは石の加工工程とか
工具とかあってちょっと楽しめた。

で逆方向に降りて
仙娥滝

110817_06
↑涼しい


暑いんで帰りがてらラムネ飲んで
昇仙峡を後にする。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)