« 第17回ど〜だ走行会 | トップページ | 蜂 »

2012年5月24日 (木)

ネギ足のこと

大体先日の
ど〜だ走行会で書きましたが

ちょっとまとめで…
いや殴り書きかも(^^;

 
 
 


120422_04
↑フロント


120422_05
↑リア


最初はショックのアッパー
とショックの下側の穴位置を
元のKONI ASAと合せて組んでみました。
 


ちょっとネギ足の方が車高が上がりました。
 


替えた日は雨だったんで
そのまま辺りを走ってみて…
12K 10Kのレートとは思えないな…という印象。

KONI ASAに比べて角が取れた感じ。
Nがせさんの言う乗り心地の良さはコレだろうか。

しかしステアリングのインフョメーションが希薄になりました。


コレきっとアッパーマウントがピロからゴムになったことによる
変化ですね。
 
 
 

う~ん、私は鈍感なので
鹿号はインフォメーションを高める方向で
チューニングしてきたので
 


私にとってゴムアッパーはデチューン…
 
 
 
 

やっぱりアッパーはピロっすね!
 
 
 
 

で後日
このネギ足はバンプタッチさせて使うと聞いていたので
もうちょっと思いっ切り下げてみました。
 
 
 

120522
そんでコレ↑

この車高だと筑波へ行く途中の
下道でバンプタッチして乗り心地が自慢の

ネギ足でもちょっと…と感じるほど。
 
 

現地ですでにネギ足で
TC1000コソ練経験のあるごっさむ氏に

 
 
こんなに下げてるとオーバーが酷かったよ。
 

と指摘され10mmほど上げてみました。
 
 
 

まあKONI ASAの時と同等くらいっすかね。


減衰も事前情報から足りないとか最強で普段も使ってる等
聞いていたので
調整幅最大で走ってました。
 
 

結果はあの通りでしたが…
 
 
 

しかし足の動きは良さ気に感じていたので
肝心なところが改善出来れば良いんじゃないかと。

 
おそらく伸び側の減衰大幅アップ?
ん~この辺私もシロートなのでアレなんですが
そんな感じします。
 

それとピロアッパー
私には必須っすね。

街乗りの乗り心地重視する人は
ゴムのままで良いと思います。

 
私の鹿号のエキマニ
前に蛇腹が粉砕してFさんに
ストレートパイプ化して治してもらったいました。

それ以降停車時にほんの少しバイブレーションが体に伝わってくるんですが
ゴムアッパーになったら消えました。

こういうのもゴムアッパーで吸収してくれたりするので
乗り心地にはかなり貢献するかと思います。
 
 
 

 

そうそう
実はお山に事前テストにも行ってたんですが

120503
↑大雨でねぇ…もう

アッチ側から上ってコッチ側きて
アッチ側の道の駅でトイレしてもう一回上がったら

 
 

なんと大雨で頂上駐車場前でゲート封鎖。
 
 
 

しかたなく下りたら
麓のゲートも私通ったあと閉じていく…


 
 
 

俺最後の客かい!

 
 

そして懲りずにコッチ側へ行ったのが上の写真です(^^;
 
 

ハードウェットなので
全くテストもクソもありませんでしたが

あの雨でも普通にある程度イケたので
今思うとやっぱり荷重かけると動きすぎるというか

中途半端な操作でも荷重が残ってるというか…


あ、それはそれで始めて走る道は走り易いのかも。

そして初心者には曲げ易い動きかもしれません。

 
雨で速度乗らないのにある程度荷重がかけて
走れたのはそういうことかなぁ?とか。
 
 

昨年始めてネギ足を試乗した
ど~だのテスト車に乗って良いと感じた時も
タイヤはSドラで補強も無いノーマルNA8

でハーフウェットの路面(^^;

少しの荷重で動く足だったから軽快に走れたのか?
クルマとしてバランスが丁度良かったのか?

とか色々あります。
 
 

あ、それと
TC1000走っての印象とか
ネギ足貸して頂いたNがせさんに話してたんですが
 
 
 
 
 

もしかして

 
 
 
 

ひょっとして…

 
 
 
 


すでにNがせさんのネギ足
 
 
 
 


抜けてるんじゃ…

(走行2000km足らずで…)

 
 
 
 
 
 

うーん、真相はいかに(^^;

|

« 第17回ど〜だ走行会 | トップページ | 蜂 »

ロードスター関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550355/45362360

この記事へのトラックバック一覧です: ネギ足のこと:

« 第17回ど〜だ走行会 | トップページ | 蜂 »